YouTube【LifeHacker ZOON’s】 配信中!!

【iPhone技】電池がすぐ減る時の対処方法! 今すぐできるバッテリー節約術

【iPhone技】電池がすぐ減る時の対処方法! 今すぐできるバッテリー節約術

じゃんぼ~(-ω-)/

あむぞーです。らっしゃい。

iPhoneは便利ですよね~。
iPhoneがそばにないと、なんだか落ち着きません。

そんなiPhoneですが、長く使っていると、満タンに充電しても、バッテリーがすぐなくなる、ってことが起きてきますよね。

あのバッテリー残量が赤くなった時の不安感は、なんともいえません。

 

でも、安心してください。

この記事を最後まで読むと、その不安感から、おさらばできるかもしれませんぞ。

今日は、今すぐできるバッテリーの節約術を紹介します。

(iOS は12.2を使用)

動画の方がわかりやすいと思いますよ~。

 

1.画面がロックされるまでの時間を短縮

設定→画面の明るさ→自動ロック

ここで、画面がロックされるまでの時間を短めにする。

 

2.Wi-Fiやブルートゥースの設定をオフ

Wi-Fiやブルートゥースを使っていないときは「設定」オフにしましょう。

設定→Wi-Fi、ブルートゥース、オフ

 

コントロールセンターからWi-Fiをオフにしてもオフにならず、“未接続”になる。

未接続はいったんWi-Fiとの接続を解除するというもので、場所を移動したり、時間の経過によってWi-Fiが再度オンになってしまいます。

Wi-Fiを完全オフにするには設定画面を起動することが必要です。

 

※「iOS 12」で利用可能になった「ショートカット」を利用すれば、ホーム画面やSiri、ウィジェットから一発でオフにすることができます。
この方法は、また別の記事で紹介する予定です。

 

3.不要なアプリのバックグランド更新をオフにする

アプリが勝手に通信していると、電力の消費が増えるので、アプリのバックグランド更新で不要なものをオフにしましょう。

設定→一般→APPのバックグランド更新

で不要なものをオフ。

 

4.不要なGPS設定をオフにする

GPSの設定は、

設定→プライバシー→位置情報サービス

から行えます。不要なものはオフにしましょう。

 

5.不要なアプリの通知をオフにする

設定→通知

から不要なものをオフにしていきます。

完全にオフにすると不都合な場合は、ロック画面をオフにするだけでも一定の効果があります。

 

6.壁紙を黒一色にする

明るい色の壁紙だと、よりバッテリーを消耗します。
ピンチのときは思い切って真っ黒にしましょう。

設定→壁紙→壁紙を選択→静止画

から黒一色を選択できます。

 

即できる節約術は6つ

たくさんあったので、いったんまとめると、

①画面がロックされるまでの時間を短縮
②Wi-Fiやブルートゥースの設定をオフ
③不要なアプリのバックグランド更新をオフにする
④不要なGPS設定をオフにする
⑤不要なアプリの通知をオフにする
⑥壁紙を黒一色にする

の6つでした。

 

節約術の効果を検証しました

②Wi-Fiやブルートゥースの設定をオフ
④不要なGPS設定をオフ

この2つの節約術が、どれくらいバッテリーの減り具合に影響するのか、その効果を検証してみました。

結果は・・・ドゥン!

Wi-Fi、ブルートゥース、GPS設定をオフした場合と、オフに場合では、12時間経過後のバッテリーの減り具合が17%違いました。

 

※SIMカードなし、オンボロiPhone5Sでの検証結果ですので、あくまで参考までに(-ω-)/

 

ピンチのときは低電力モードに

色々やっても、マジやばい!ってときは、ファイナルウェポン。

低電力モードに切り替えましょう!!

設定→バッテリー→低電力モード

にすると、電力消費の激しい機能を一括でオフにすることができます。

 

ここで注意してもらいたいことがひとつ!!

低電力モードをオンにすると、iPhoneを使い続けられる時間は長くなりますが、デメリットもあるんです。

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、機能に影響が出ます。

メールの取得
“Hey Siri”
App のバックグラウンド更新
自動ダウンロード
一部のビジュアルエフェクト
自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
iCloud フォトライブラリ (一時的に停止)

Appleサポートより

バッテリー状況の確認方法

ここまで、バッテリーの消耗を防ぐ節約術を紹介してきました。

しかし、バッテリーが劣化して、最大容量が少なくなっていたら、節約術の効果はむなしいものになってしまいます。

「いろいろやったけど、減りがはえーぞ!!」

という方は現在のバッテリー状況を確認することをおすすめします。

 

バッテリー状況は、

設定→バッテリーの状態

で確認できます。

ざっくりいって、最大容量が80を切るようであれば、バッテリー交換を検討してもいいかも。

 

バッテリーの劣化を防ぐには

電池残量がゼロになることや、100%になることを避け、常に40~80%を維持するように、心掛けるとよいそうです。

他には、100%になっているのに充電し続けない、とか、50%になったら、満タン充電するといった意見もありますよ。

 

節約術でiPhoneを長く、快適に使おう

今回は、バッテリーの節約術を紹介しました。

ポイントは、画面表示や通信機能の無駄を省く

あとは、バッテリーを劣化させない工夫をすれば、iPhoneをなるべく長く、快適に使えると思います。

 

それでは、今日はこの辺で。

最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました~。

ライフハックカテゴリの最新記事