YouTube【LifeHacker ZOON’s】 配信中!!

道具を使わずに乾電池の残量を3秒で調べる方法

道具を使わずに乾電池の残量を3秒で調べる方法

先日、棚を整理していたら、古い電池が出てきて「これ使えるのかな?」って、なったんですよ。

バッテリーテスターを使わずに、電池残量を調べる方法ないかなぁ~って調べてみたら・・・

あむ!ありました!

電池を落とた時のバウンド具合をみると、電池残量をざっくり調べることができるそうです。

 

乾電池の残量を調べる方法

①乾電池のマイナス極を下にして持つ
②少しだけ持ち上げて落とす
③電池残量が多い電池はバウンドが少ない

※アルカリ電池限定

乾電池は単2でも、単3でもOK!

 

電池残量の目安

電池残量100%~71%は、ほぼバウンドしない
電池残量70%からバウンドする
電池残量50%~0%は、バウンドの高さがほぼ同じ

※米プリンストン大学の研究より

 

電池がバウンドする理由

アルカリ乾電池のマイナス極には亜鉛が使われている。
電池を使うと亜鉛が酸化亜鉛に化学変化する。この酸化亜鉛が亜鉛の粒子と粒子の間をつなぐ。
この「スプリングのネットワーク」が電池内部に形成されていき、バウンドするようになる。

※米プリンストン大学の研究より

ゴルフボールは充填剤として酸化亜鉛を使っているらしい・・・。

 

バウンドしてもすぐ捨てない

今までは、リモコンか何かに乾電池を入れて、動くか、動かないかで電池残量の有無を判断していたんですけど、この方法を使えば簡単に見分けることができて便利!

ただ、バウンドしても電池残量が50%あるかもしれないので、要注意ですね~。

 

それでは、最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました。

ライフハックカテゴリの最新記事