YouTube【LifeHacker ZOON’s】 配信中!!

電子レンジで皿が熱い!  熱くなるのを防ぐラップのかけ方!【裏技検証】

電子レンジで皿が熱い!  熱くなるのを防ぐラップのかけ方!【裏技検証】

電子レンジでお皿がアチチッ!!

それでも、調理用手袋を買わない、あむぞーです。

ラップの端をめくると、皿が熱くなるのを防ぐことができるそうですよ。

ちゃんと温まるのかな?
パサパサしないのかな?

今回は、「電子レンジで皿が熱くならない裏技」の効果を検証しました。

 

電子レンジで皿が熱い! 熱くなるのを防ぐラップのかけ方!

電子レンジで料理を温めるとき、ラップの両端をめくるとアツアツを解消できる。

皿を熱くするのは、ラップによって充満した高温の水蒸気。
ラップをかけない部分を作ることで、高温の水蒸気が逃げ、持ち手となる部分の皿が熱くならないというわけです。

 

冷凍シューマイを電子レンジで温めた結果

冷凍シューマイを600Wで1分10秒温める。
普通にラップをかけた場合と、ラップの両端をめくってかけた場合(裏技)とで、お皿の熱さやシューマイの味を比べてみました。

お皿の熱さ

裏技の皿は、ラップをめくった持ち手の部分だけ熱くならなかった!

シューマイの味

裏技を使っても問題なく温まっていますが、普通にラップをかけた場合に比べると、アツアツ度はやや劣る。

裏技を使ったシューマイは、若干パサつき感がありました。

 

ケースバイケースで使おう

裏技を使うと、お皿が熱くなるのを防ぐことができました。

しかし、物によってはパサつき感が出る場合があるので、色々な料理で試して、ケースバイケースで使うのがいいかもしれません。

 

それでは、最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました。

ライフハックカテゴリの最新記事