YouTube【LifeHacker ZOON’s】 配信中!!

【iPhone技】キーボードカーソルを自由に動かす革命的な方法

【iPhone技】キーボードカーソルを自由に動かす革命的な方法

じゃんぼ~(-ω-)/

あむぞーです。こにゃにゃちは。

iPhoneをお使いの方、キーボードカーソル、どうやって動かしていますか?

あむぞーは、画面をタップしたり、長押しして、拡大鏡を利用したりしながらカーソルを動かしていました。

今日紹介する方法を知るまでは!!

 

この記事を最後まで読むと、キーボードカーソルの移動がグッとスムースになるので、人生で自由に使える時間が増えるかもしれません。

是非、最後までお付き合いください。

その壱「空白キーを長押しする」

キーパッド上の空白キーを長押しすると、カーソルが上下左右、自由自在に動かせるようになるんです。

すい~すいすいすい~♬
これは便利だ~。

難点は、空白キーを長押ししたところがカーソルのスタート位置になるので、カーソルの動きが制限されることがあること。
(この意味、やってみるとわかります。)

でも便利や~。わし、この技、愛用しています。

 

なんと!範囲選択もできますよ。

空白/spaceキーを長押しした指を離すことなく、別の指でトラックパッド化したキーボードをタップ。

すると、範囲選択モードに移行するので、最初に長押しした指をドラッグすれば範囲を選択できます。

 

その弐「キーボードを軽く押し込む」

3D Touchを搭載したiPhoneでは、キーボードを軽く押し込むと、カーソルが自由に動かせるようになります。

が!

この方法、タッチの感覚にちょっとコツがいる。(;´・ω・)

キーボード画面をダラ~触らず、はじめにグッと押し込むのがポイントかな。

カーソルが自由に動かせるようになった時点で、もう一度画面を押すと、範囲選択をすることができます。

これも、ちょっとムズい。

 

裏技の効果を検証

「空白キー長押し」と従来のカーソル移動方法では、どれくらい作業効率に違いがあるのか、検証しました。

上図のような文章を、裏技、従来の方法で、それぞれ修正。
修正するのにかかった時間を計測しました。

結果は、

従来の方法:1分11秒
裏技:43秒

でした。まぁ、あくまで参考までに(-ω-)/

 

文章編集の効率アップ!!

今日は、キーボードカーソルを自由に動かす方法を紹介しました。

文章編集の効率がグッと向上しますので、周りに知らない人がいたら、ぜひ教えてあげましょう。

 

それでは、最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました。

ぱうぱう~(-ω-)/

ライフハックカテゴリの最新記事