YouTube【LifeHacker ZOON’s】 配信中!!

車を一人で楽に動かす方法! 車が急に止まった時の対処法 【裏技】

車を一人で楽に動かす方法! 車が急に止まった時の対処法 【裏技】

自動車がなんらかのトラブルで急に止まった場合、焦りますよね。

道路の端に寄せたいけど、一人じゃ大変!

そんなときは、今日紹介する裏技をプリーズ。

手でタイヤを回すと、車を楽に動かすことができますよ!

でも、どうなんでしょう。
タイヤを回すよりも、車を押した方が楽なんじゃないかなぁ?

気になったので、さっそく検証しました。

【動画はコチラ】

車を一人で楽に動かす方法! 車が急に止まった時の対処法 【裏技】

①車のギアをニュートラルに入れる。
②手でタイヤをまわす。

実際にやってみると、確かに軽い力で車を動かすことができました。

タイヤを回すと片手だけでも車を動かすことができた
タイヤを回すと片手だけでも車を動かすことができた

タイヤを回す時の姿勢がツライかも

タイヤを回すと軽い力で動かせる理由

車はタイヤで動いている。

タイヤを直接回すと、全ての力がタイヤに伝わるので、軽い力で動かすことができる。

車体を押すなど、タイヤから遠いところに力を入れると、押した力が分散してしまう。

基本的に、車の4つのタイヤは連動しているため、1つのタイヤを動かすと、他のタイヤも動くようになっているそうです。

それから、「タイヤの中心と外周でテコの原理が働いてる」、ということも関係しています。
テコと同じなので、タイヤの直径が大きいほど、軽く動かすことができるんですよ。

「車体を押す」VS「タイヤを回す」実用的なのはどっち?

車を10m動かすのに、かかる時間をそれぞれ計測しました。

手でタイヤを回して車を10m動かす
手でタイヤを回して車を10m動かす
車体を押して10m車を動かす
車体を押して10m車を動かす

結果は・・・

車を押した場合:10秒78
タイヤを回した場合:15秒82

やっぱそうなるよね

 

道路の端に車を寄せる場合、ハンドルを切る操作が必要になる。

今度は少しカーブのあるコースで、もう一度タイムを測定しました。

実際に「車を道路の端に寄せる」場面を想定したコースで再計測
実際に「車を道路の端に寄せる」場面を想定したコースで再計測

車を押した場合:16秒72
タイヤを回した場合:27秒56

やらなくても、わかっていたよね

動かし始めは手でタイヤを回そう

タイヤを回した方が、軽い力で動かせます。

しかし、手でタイヤを回す時の中腰姿勢がツライ。
なので、長距離には向かないと思います。

今回は軽自動車で検証したので、このような結果になった可能性もあります。
もっと大きな車だったら、多少長い距離でも、タイヤを回した方が楽なのかもしれません。

 

この裏技の使い方としては、「車を動かし始める時に、タイヤを手で回して、車に勢いがついたら車体を押す」、というのがイイかもしれませんね。

 

それでは、今日はこの辺で。
最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました。

ライフハックカテゴリの最新記事